ファミコンソフト『ドラゴンクエストⅢ 〜そして伝説へ…〜』(エニックス)が発売されて、本日で30年経つ。

このゲームには非常に強い思い入れがある。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていたゲーム情報の袋とじ『ファミコン神拳』は、当時のゲームキッズたちの貴重な情報源の一つだった。
特に『ドラクエ』シリーズに関しては、そもそもファミコン神拳のライターの一人、堀井雄二さんがドラクエの作者だし、キャラクターデザインの鳥山明先生も大人気の漫画『ドラゴンボール』をジャンプで連載している事もあり、非常に濃厚な情報が掲載されていた。
『ドラクエ2』の時も非常にドキドキしたが、『ドラクエ3』の情報がファミコン神拳に載った時は、心底ワクワクしたものだった。

当時のゲームソフトは店頭で買うのが当たり前で、人気ソフトは予約しないとまず買えない様な状況だった。
家電量販店などに行列が出来る様子は、ニュースでも報道された。

一作目のドラクエは、プレイヤーキャラクターも出現するモンスターも一対一で戦うが、二作目のドラクエ2からはパーティ制が導入され、プレイヤーキャラクターも3人に増え、モンスターも複数の戦闘となった。
三作目であるドラクエ3は一度にパーティが組めるプレイヤーキャラクターが4人に増え、更にルイーダの酒場で他の仲間と入れ換える事が出来るというシステムが登場した。
それまでは勇者ロトの子孫たちが主人公であったが、ドラクエ3のプレイヤーキャラクターは勇者以外のメンバーたちは、名も無い一冒険者に過ぎない点が非常に好みに合った。
何なら勇者も勇者という特殊な職業では無く、単なる戦士でもいいと思っていたくらいなので、不揃いなパーティを想像してはワクワクした。
しかも、職業も豊富にあり、戦士、僧侶、魔法使い、武闘家、商人、遊び人の中から任意のキャラクターが作れるというのも嬉しかった(スーパーファミコン版などのリメイク版では更に盗賊も加わった)。
更に条件さえ満たせば、魔法使いと僧侶の呪文が使える賢者も作れる。

僕は武器、防具をガチガチに装備した怪力無双の戦士が好きなので、武闘家では無く戦士を選んだ。
回復魔法は必須なので、僧侶もチョイス。名前は当時好きだった女の子の名前をつけたと思う。
便利な攻撃魔法も欲しいので、魔法使いも仲間にした。
こうして、僕のパーティはアリアハンを出発し、広大なフィールドを旅する事になったのだった。

世界地図によく似たフィールドは、本当に旅をしている感覚にさせてくれた。
丁度、社会の授業で習った様な「胡椒一粒は黄金一粒」といったセリフがあったり、弥生時代の日本によく似たジパングという国では、プレイヤーキャラクターの方が「わーっ!ガイジンだあ!」と言われてしまうとか、面白い仕掛けが随所にあった。

インドの辺りに位置するダーマ神殿で条件を満たせば任意の職業に転職出来るのだが、とあるアイテムを入手する、もしくは特定の職業のキャラクターで賢者が作れるというのが嬉しかった。ただ、何も考えずに転職させてしまうと、弱体化してレベルアップにも時間が掛かる事もあり、転職させるタイミングを見誤ると有利になるどころか、かえって不利になるというのも面白かった。

ゲームスタート時に王様から討伐を命じられた魔王バラモスを斃しても、世界に平和が訪れず、更なる冒険の予感に驚かされた。

そして…。

サブタイトルに隠された意味を知った時、感動すら覚えた。
この時ばかりは、主人公の職業は一介の戦士では駄目だと思った。
成る程、全てが綺麗に収まっていたのだな、と嬉しくなったのだった。

そんな訳で、僕はこのゲームが大好きで、今でも(リメイク版だけど)遊び続けている。