たまに「落語家さんを呼びたいんだけど、どうしたらいいのかわからない」という声を耳にしたり、ネットで見かけたりする。

結論から言ってしまえば、非常に嬉しい事なので、本当にお気軽にご相談頂きたいというのが、我々芸人の本音である。

「でも、失礼にならないかしら?」と思われる方もいらっしゃるかも知れないけど、全然そんな事は無いんであります。
そして、「何処に連絡したらいいのか、わからない」という気持ちも非常によくわかります。
まず、落語家自身が知り合いであれば、直接ご依頼頂くというのが一番いい。
落語家とも知り合いでは無いという場合、所属する団体や事務所などにご依頼頂く事になります。
Googleなどで「呼びたい落語家 所属」などで調べれば、所属団体や所属事務所が出て来るかと思います。

連絡先がわかったところで、何の話をしたらいいか?
まず、呼びたい落語家は誰なのか、そして「予算(落語家のギャラと交通費、食費、場合によっては宿泊費などを含めた全体的な予算)」が幾らであるという事、日程、場所、当日連絡が取れる連絡先あたりを伺えればありがたいです。
ご予算によっては、お仕事が引き受けられない、もしくは違う芸人さんをご紹介される可能性もあるかと思います。

そして、一番気になるご予算は幾らか?
これがなかなか難しい。というのは、芸人のギャラというのは非公開で、ハッキリ幾らと明示している方が少ないですが、Googleなどで「落語家 ギャラ 相場」といったキーワードで検索するとある程度の目星がつくかと思われます。
もちろん、条件によって多少の変動はしますし、「応相談」という場合もあるかと思いますので、本当にお気軽にご相談頂きたいです。
ご依頼頂くという事は嬉しいものです。

最後に、私の場合をお伝えしたいと思います。

info.rakuten3@gmail.com

こちらのアドレス宛にメールにてご依頼戴けるとありがたいです。
ご依頼、お待ち申し上げております!

こちらもご参照ください。

落語会の開き方。