三遊亭楽天のブログ

五代目圓楽一門会所属の二ツ目、六代目三遊亭円楽六番弟子・三遊亭楽天のブログです。 落語会などの出演情報や趣味の事、日常の事などを適当に呟いて参ります。 宜しくお願い申し上げます。

映画

キョンシーのはなし。

小学生の頃、キョンシーブームだった。

5年生の時に『霊幻道士(原題:殭屍先生)』が劇場公開され、腕を前に突き出して廊下をピョンピョン飛び跳ねたり、額に紙を貼り付けるのが一時期流行った。

中国の伝説によると、死体を埋葬する前に屋内に安置しておくと、死体が動き回ったりして人を驚かす事があるという。これが殭屍(僵尸)という妖怪で、「僵」とは死後硬直の事。「尸」は屍の事なので、僵尸とは硬直した死体といった意味である。
映画のキョンシーが腕を前に突き出してピョンピョン飛び跳ねたり、身体が硬いという設定はここから来ているのだろう。

先日、『らくゲー』にて株式会社ホビーベース イエローサブマリン様より御恵贈戴いたボードゲーム『キョンシー 日本語版』に夫婦でハマったので、映画を観直してみようという事になり、Amazonプライム・ビデオで『霊幻道士』、『霊幻道士2 キョンシーの息子たち!』、『霊幻道士3 キョンシーの七不思議』、『霊幻道士完結編 最後の霊戦』、『殭屍 -RIGOR MORTIS-』(2013)をかみさんと二人で観た。
何せ30年くらい前に観た映画なので、かなり記憶が曖昧だったのだが、『霊幻道士』、『霊幻道士3』辺りは確かに見覚えがあった。
そして、『殭屍 -RIGOR MORTIS-』は、『霊幻道士』シリーズのオマージュというかリブートというか、暗い作風の映画だった。

チン・シュウホウやアンソニー・チェン、リチャード・ン、チュン・ファト、ビリー・ロウといった『霊幻道士』シリーズに出演していた俳優たちが出て来るのだが、とにかく暗い!その暗さが堪まらなくツボにハマった。
ちなみに「RIGOR MORTIS」も死後硬直という意味。
ネタバレになるとマズいので、ストーリーについては割愛するが、とにかく切ない。
『霊幻道士』シリーズが好きな人には是非観て戴きたい(けど、ガチホラーなので、怖いのが苦手な人にはあまりお薦めしません。ガチホラーのキョンシーが観てみたいぜ!という方にはマジお薦め!)。

映画を観てからボードゲームを遊んでみると、更に楽しさ倍増!
IMG_4894

キョンシー 日本語版
ホビーベース(HOBBY BASE)
2017-12-06


キョンシー(字幕版)
チン・シュウホウ
2015-02-04

ゴジラのはなし。

子供の頃、84年版『ゴジラ』を劇場で観た。

幼稚園の頃からの怪獣少年で、ウルトラ怪獣はもちろん、東宝特撮映画の怪獣や大映特撮映画の怪獣などの本を買い漁っては読んでいた。
映像作品はなかなか観られないけど、知識だけは増えていくという状態だった(再々…放送の『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』、『ウルトラマンA』、『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンレオ』、そして本放送の『ウルトラマン80』、『アンドロメロス』は観ていたが)。

レイ・ハリーハウゼンが手掛けた『タイタンの戦い』がかなり頻繁にテレビで放映される事があったので、ダイナメーション(コマ撮りアニメーション)にも興味を持った。

そんな中で、新作の『ゴジラ』が観られるとあって、僕の期待は高まっていった。
当時、テレホンサービスでゴジラの鳴き声が聴けるものがあり、毎日かけていたら電話代がえらい事になって、親にこっ酷く叱られたのも懐かしい。

大人になり、54年版の初代『ゴジラ』をDVDで観て感動した。
ゴジラが東京に襲来するシーンで、逃げ惑う母子の「もうすぐお父ちゃまのところへ行けるのよ」というセリフが印象的だった。戦後の傷跡が生々しい。

そんな訳で、初代ゴジラには特に思い入れあるのだが、今日、神田にあるテーブルトークカフェ Daydreamさんにお邪魔した帰りに大手町駅に向かったところ、常盤橋 ゴジラ ギャラリーなるものを発見し、テンションMAX!
IMG_4548

何と、ゴジラの足型が!
IMG_4549

映画のポスターも印刷されており、見ていて思わずニヤニヤしてしまう。
IMG_4550
今度ゆっくり全部見て歩きたい。

『スター・ウォーズ 〜最後のジェダイ〜』を観てきました。

妻と二人で『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』を観てきました。

IMAXの2Dの字幕スーパー版でした。
さすがIMAX、音がいい!
image

いやはや、良かった!長かったけど!
もう観終わった直後はトイレに直行だったけど!
映画2〜3本分くらいの内容で、これを一本の映画として観せてしまうとは、太っ腹ですな!

細かい内容については当然ネタバレになってしまうので触れられないけど、前作が旧作のファンへのサービスだとしたら、今作はいい意味でこちらの予想を見事に裏切ってくれた映画でした。

とにかく、観る前にトイレを済ませ、飲み物は買わずに劇場へ観に行って下さい!

シン・ゴジラ地上波初放送を観て。

劇場でも観たけど、やっぱり家でも観たい!と思って、『シン・ゴジラ』の地上波の放送を観ました。
いやはや、twitterでの実況を見ながらのシン・ゴジラ、非常に楽しめました。

でも、やっぱり東京が焦土と化すシーンは絶望感が半端無くて辛い。

DVDも欲しいなあ。
何回観ても面白い映画の一つ。

『ローグ・ワン』を観て来ました。

先日、かみさんと二人で『ROGUE ONE / A STAR WARS STORY』を観て来ました。
image

『スター・ウォーズ Ep4 新たなる希望』の直前を描いた作品という事で、話の結末はわかってるけど面白いという、新三部作(Ep1〜3)の様な感覚もありつつ、詳細を書いてしまうとネタバレになってしまうので書けませんが、やっぱりデス・スターがメインの話というスター・ウォーズのお約束も踏まえつつ、Ep7の様な「旧作を踏襲した流れ」では無いストーリーでした。
むしろ、スター・ウォーズシリーズの中で最高傑作と言っても過言では無いかも。

あんなキャラやこんなキャラも登場するので、従来の作品が好きな人も十二分に楽しめます!
記事検索