三遊亭楽天のブログ

五代目圓楽一門会所属の二ツ目、六代目三遊亭円楽六番弟子・三遊亭楽天のブログです。 落語会などの出演情報や趣味の事、日常の事などを適当に呟いて参ります。 宜しくお願い申し上げます。

ゲームブック

やっぱりドラゴンクエストが好き。

僕はドラゴンクエスト、いわゆるドラクエが大好きだ。
どのくらい好きかというと、ダンサー時分に書いていたブログで「ドラゴンクエストの謎。」というシリーズもののエントリーを書くくらいには大好きである。

IMG_6005
小学校5年生の頃、ファミコンの初代『ドラゴンクエスト』を遊んで以来、Ⅹ以外の全てのナンバリングタイトルを遊んで来た。
何故、30年以上もの間、ドラクエに魅了されて来たのだろうか。
心の中で自問自答しながら、ドラクエという文化の持つ魅力を再確認していきたいと思う。

ドラクエとの出逢いは、僕にとって憧れていたロールプレイング・ゲーム(RPG)との出逢いそのものだった。
当時、ゲーム雑誌やゲームブックなどの情報から『ダンジョンズ & ドラゴンズ』という紙とサイコロで遊ぶゲームが存在する事や、『ウルティマ』や『ウィザードリィ』といったコンピューターRPGがあるという事は、知識としては知っていた。
しかし、当時の一介の小学生にとって海外のゲームを輸入して翻訳して遊んだり、コンピューターをゲームの為に購入するという選択肢は無きに等しく、いつかそういうゲームで遊んでみたいものだと夢想するのが精一杯であった。

フィールド上をキャラクターが歩くと、唐突に画面が変化し、中央に鳥山明先生の描くモンスター、それを囲むように表示されるウィンドウ。
雑誌で見た『ウルティマ』や『ウィザードリィ』の様な画面がそこにあった。

これが、僕とドラクエとの、コンピューターRPGとの出逢いだった。

以来、僕もソフトを購入し、パスワードである「ふっかつのじゅもん」を記入する為のノートを用意、アレフガルドの大地を竜王探索の旅に出た。

それまで知っていたゲームに無かった「レベルアップ」という概念が面白かった。
敵を倒すと経験値とゴールドと呼ばれる金が手に入る。
レベル毎に定められた経験値に達すると、自分のキャラクターのレベルが上がる。
レベルが上がるとキャラクターの耐久力とも呼ぶべきヒットポイント(HP)や魔法を使う為に必要なマジックパワー(MP)、その他「ちから」や「すばやさ」などの能力値が増えて、キャラクターが成長してゆく。
また、得たゴールドでより強力な武器や防具、道具などを買い揃え、キャラクターは更に遠くまで旅をして生き延びる可能性が増える。
レベルアップにより、魔法の呪文を覚える事がある。HPを回復する癒しの呪文「ホイミ」や、炎で攻撃する「ギラ」、敵を眠らせる「ラリホー」、城まで瞬間移動出来る「ルーラ」や地下迷宮から地上へ瞬間移動出来る「リレミト」など、アレフガルド攻略に欠かせない強力な呪文が一つ、また一つと増えてゆく。
この「目に見えてわかる成長」という要素にハマった。

そう、何故かドラクエに限らず、コンピューターRPGというジャンルを遊んでいると、ゲーム自体をクリアしたにも関わらず、延々とレベルアップやアイテム蒐集を繰り返してしまう事がある。
僕はカンスト(カウンターストップ。該当する数値が打ち止めになる事)するまで成長させる事に興味は無いが、クリアしたRPGを遊ぶ事が多いのは、こうした「目に見えてわかる成長」が楽しいからだ、と思っている。
人によっては「作業」と揶揄される経験値やゴールドを稼ぐ行為が、僕にとっては快楽の一つなのである。

ドラクエの大きな魅力に、堀井雄二先生の生み出すストーリーと世界、鳥山明先生の描くキャラクターと、すぎやまこういち先生の紡ぎ出す音楽がある。
ドラクエの物語は分かりやすく、かつ、主人公が喋らないというのがいい。
堀井雄二先生は漫画家・小池一夫先生の劇画村塾出身のライターで、『週刊少年ジャンプ』の読者投稿コーナー「ジャンプ放送局」などを担当していた。
堀井雄二先生が作るゲームの特徴の一つに「周囲の人物に語らせる」というテクニックがある。
ドラクエの主人公は一切、口をきかないが、周囲の人々が主人公がどんな人物であるか、語り掛けて来る事で、プレイヤー自身が想像して補完する。このプレイヤーとキャラクターとの距離感が絶妙だ。勝手に喋られてしまっては、感情移入がしづらくなってしまう。僕は無口なドラクエの主人公が大好きだ。

ドラクエが世に出た1986年当時、鳥山明先生の漫画は絶大な人気を誇っていた。
出世作『Dr.スランプ』が絶大なる人気を誇り、更に『ドラゴンボール』が大ヒット。この稀代の大人気漫画家の描くキャラクターは敵であるモンスターすらも魅力的で、鳥山明先生がキャラクターデザインしているからドラクエに興味を持った人も多いだろう。
ドラクエにもぱふぱふを筆頭に『ドラゴンボール』の影響が随所に見られるし、『ドラゴンボール』の漫画の中にドラクエ2のモンスターたちが登場する回があった。
相互に影響を与え合う存在だったのだろう。

僕は『ウルトラマン』が好きなのだが、『帰ってきたウルトラマン』の音楽を担当されていたのが、すぎやまこういち先生だった。
すぎやまこういち先生はザ・タイガースの楽曲やヴィレッジ・シンガーズ「亜麻色の髪の乙女」(後に島谷ひとみさんのカヴァーで再ブレイク)など大ヒット曲を手掛ける作曲家だが、ゲームが大好きでパソコン版の『森田将棋』(エニックス)のアンケートハガキを書いた事がキッカケで、ドラクエの音楽を担当する事になったというのは、有名な話。
「ゲーム音楽は繰り返し何度も聴く事になるから、クラシック音楽にしたらいいだろう」というアイデアは、ゲーマーならではの視点から生まれたものだろう。

こうした才能が集結し、ドラクエは生まれた。
この才能の三位一体こそがドラクエをドラクエたらしめていると思う。

僕が一番好きなドラクエはドラクエ3であるが、世界観は2が一番好きだし、音楽は4が一番好きだし、システムは11が一番好きである。
どうしても、小学生の頃にガッツリ遊んだ事もあり、ロト三部作が一番好きだ。その中でも3が一番好きなのは、自由にキャラメイクが出来るから。
でも、キラーマシンなどのメカ系モンスターが初めて登場した2もカッコいい。
ドラゴンクエストの謎。 其の参」でロト三部作について色々と妄想したが、こうした想像の余地があるのも大好きな理由の一つでもある。

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の舞台がドラクエ2の世界なので、非常に嬉しい。

今後もシリーズが出る度に遊び続けていく事だろう。

ゲームブックのはなし。

小学生の頃、ゲームブックが大変流行りました。
IMG_6611
ゲームブックというのは、文字通り本の体裁をしたゲームです。
IMG_6613
普通、本は1ページ目から順に読んでいきますが、ゲームブックはパラグラフと呼ばれる短い文章に分岐点があったりして、選択によって進むパラグラフが変わります。その為、ページを行ったり来たりしながら読み進めていきます。
小学生の頃はズルをして、先に各パラグラフを読んで一番良い結果の項目に進んだりもしましたw

私がよく遊んでいたのが、社会思想社の『アドベンチャーゲームブック』シリーズや
IMG_6619
創元推理文庫の『スーパーアドベンチャーゲーム』シリーズ、
IMG_6620
双葉社『冒険ゲームブック』シリーズ、
IMG_6621
富士見書房『アドベンチャー・ゲームブック』シリーズ
IMG_6623
でしたが、他にも二見書房『アドベンチャー・ゲームブック』シリーズ、ケイブンシャ『アドベンチャーヒーローブックス』シリーズ
IMG_6622
などがあり、様々な出版社からリリースされておりました。

特に好きだったのが、スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストンらの『ファイティング・ファンタジー』、
IMG_6624
スティーブ・ジャクソン『ソーサリー4部作』、
IMG_6625
鈴木直人『ドルアーガ3部作』
IMG_6626
この辺りには特に心を奪われました。

大抵のゲームブックには「冒険記録紙」があります(無いものもあります)。
IMG_6612
これはゲームブックの主人公である「あなた」の能力値や所持品などを記入しておくもので、冒険の途中に出会った敵との戦闘のメモなども取れる様になっていたりします(ゲームブックにより、その仕様は様々です。写真は『火吹山の魔法使い』のもの)。
ゲームに必要なものは、ゲームブックと冒険記録紙、鉛筆と消しゴム、サイコロなどです(これまたゲームブックの仕様によります)。
IMG_6614
サイコロを振って能力値を決めたら、ページをめくって冒険の旅に出発します。

大まかな感じで言うと、洋物は選んだパラグラフによっては無条件で即死というのが多い印象があります。その大味も面白かったのですが、和製の方が救済措置があったりして、若干遊びやすい印象です(モノによりますが)。

洋物の解説ページを読むと、よく「ロールプレイング・ゲーム」だとか、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」といった単語が出て来て、どうやらそうした存在がゲームブックの大元らしい、といった事が書かれていて、小学生の私はまだ見ぬ「ロールプレイング・ゲーム」や「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に想いを馳せたものでした。

やがて創元推理文庫からスティーブ・ジャクソン『ファイティング・ファンタジー』が発売されました。
IMG_6627
これは社会思想社のゲームブック『ファイティング・ファンタジー』シリーズと同じルールを使って遊べるロールプレイング・ゲームで、その翌年には社会思想社から『モンスター事典』も発売されました。

1人用の読んでいく事で話が展開していくゲームブックの流行の後、複数人で会話によって進行するロールプレイング・ゲームに移行していくのは、当時の私には自然な流れの様に感じました。
IMG_6628
やがて、友人宅で『ダンジョンズ&ドラゴンズ』と出逢い、すっかりテーブルトーク・ロールプレイング・ゲームにのめり込んでいくのですが、それはまた別のお話。

今でもふと、ゲームブックを引っ張り出して来ては、あの頃に遊んだ冒険の旅に出る事があります。

『世界樹の迷宮V 〜長き神話の果て〜』体験版の感想

趣味についての記事は、ホント分からない方は置いてきぼりになってしまうので心苦しいのですが、大好きなゲームについて語りたいと思います。

今月20日からニンテンドー3DS用ソフト『世界樹の迷宮V 〜長き神話の果て〜』の体験版のダウンロードが開始されたので、早速プレイしてみました。

私は初代『世界樹の迷宮』をプレイして以来、ナンバリングタイトルはもちろん、『新世界樹の迷宮』シリーズ、『世界樹と不思議のダンジョン』も全てプレイしているくらい世界樹が大好きなので、今作も非常に待ち遠しく感じていたところ、体験版が出るというので、ダウンロードが配信されるや否や、3DSに落としてワクワクしておりました。

『世界樹の迷宮』シリーズは、3DダンジョンRPGに分類されるゲームで、ニンテンドーDSの下画面にプレイヤー自ら地図を書き込んでいくという、昔ながらのRPGの遊び方を上手く現代風にアレンジした良ゲーだと思います。

昨日は砂町四十町寄席、そして今日は明日本番の舞台のリハなどでなかなかプレイ出来ませんでしたが、移動の合間や寝る前などにチョコチョコ進めてみました。

ゲームを開始するとまず、「ギルド」の名前を決めます。ギルドはプレイヤーキャラクターの所属団体の様なものでしょう。
私は毎回、往年のゲームブックから名前を拝借しており、「ソーサリー!」と名付ける事にしているので、今回もそう命名しました。
それからプレイヤーキャラクターを作成する事になります。
今作はアルカディアと呼ばれる世界が舞台で、「アースラン」、「ルナリア」、「セリアン」、「ブラニー」という4種族がプレイヤーキャラクターとして選択可能になっております。

アースランはアルカディアの全ての大陸に棲む、まあ現実世界の人間と同じ様な容姿と特徴を備えた種族です。
近接戦闘に特化した軽戦士「フェンサー」、銃火器と盾を装備した竜騎士「ドラグーン」、格闘戦に特化した武闘家「セスタス」、瘴気と呼ばれる特殊な力で敵を弱体化する死神「リーパー」といった職業に就く事が出来ます。

ルナリアは肉体派というより頭脳派の耳の長い種族で、他のファンタジー系の種族に例えるならばエルフの様な容姿と特徴を備えた種族です。名前の由来はJ.P.ホーガンのSF小説『星を継ぐもの』に登場するルナリアンでしょう。
炎や氷、雷といった属性の古代魔法を操る魔術師「ウォーロック」、死霊を召喚して使役する死霊術士「ネクロマンサー」といった職業に就く事が出来ます。

セリアンは獣の様な耳を持った肉体派の種族です。
刀を使いこなす武人「マスラオ」、鷹や猟犬を召喚して使役する狩人「ハウンド」といった職業に就く事が出来ます。

ブラニーは幼児の様な容姿をした小人の種族です。J.R.R.トールキンの創作した種族・ホビットの様な感じでしょうか?
名前の由来は恐らく小人の妖精ブラウニーあたりでしょう。
薬草や毒の扱いに長けた薬師「ハーバリスト」、祈祷を行い加護を得る巫子「シャーマン」といった職業に就く事が出来ます。

種族と職業と外見、名前を決めたらパーティを組み、いざ冒険となります。

image

アースランのフェンサー「ファング」です。名前の由来は『死のワナの地下迷宮』や『迷宮探検競技』の舞台のファングです。分かる人だけわかって下さい。

image

アースランのドラグーン「アランシア」です。名前の由来は『ファイティング・ファンタジー』シリーズに登場するアランシア大陸です。

image

セリアンのハウンド「ダークウッド」です。名前の由来は『運命の森』の舞台であるダークウッドの森からです。

image

ブラニーのハーバリスト「サラモニス」です。名前の由来は『バルサスの要塞』の舞台であるサラモニスから。

image

ルナリアのウォーロック『フェネストラ』です。名前の由来は『ソーサリー!』に登場する黒エルフの魔女・フェネストラからです。

毎回、最初のクエストは一階の地図を完成させるというものです。
迷宮内では上画面が3Dダンジョン、下画面が方眼になっており、タッチペンで方眼にマップを書き込んでいきます。

今作は迷宮内の出来事が増えてTRPGっぽさが高い感じです。行動の成否に関わらず経験値が入るので、どんどん調べて回りたくなります。

現在、3階まで到達したのですが、まだhageて(全滅して)おりません。
世界樹の迷宮シリーズはモンスターがかなり強めな設定になっている上、フィールド上にf.o.e.と呼ばれる超強敵が配置されていて、レベルをかなり上げても瞬殺される事が多々あるのです。
しかし、f.o.e.から得られる素材はかなり強力なので、これを倒すのも楽しみの一つだと思います。

そんな訳で、とりあえず体験版は大満足です。早く製品版が欲しいところ。

スーパーアドベンチャーゲーム バック・トゥ・ザ・フューチャー

近頃、劇中に登場したナイキのスニーカーが発表されたとか、連日バック・トゥ・ザ・フューチャーの話題が多いので、今から30年前に出たゲームブック版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を、実家から持って帰ってきた。

image


ゲームブックと聞いて、いまいちピンと来ない方もいると思うので、ちょっと註釈。

ゲームブックとは文字通り、遊ぶ為の本である。
ほとんどのゲームブックは小説の様に読むものだが、文章はパラグラフと呼ばれる短い項目に分けられており、大抵文章の後に選択肢が設けられている。パラグラフを行ったり来たりして読み進めていく事で物語の結末が変わっていく。

image

こんな塩梅である。

サイコロの目で判定する項目もあり、出目によっては良くない結末を迎えてしまう事も。

30年振りに読んでみます。
記事検索