三遊亭楽天のブログ

五代目圓楽一門会所属の二ツ目、六代目三遊亭円楽六番弟子・三遊亭楽天のブログです。 落語会などの出演情報や趣味の事、日常の事などを適当に呟いて参ります。 宜しくお願い申し上げます。 お仕事のご依頼は info.rakuten3@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ソード・ワールドRPG

TRPGとは何か?

そう言えば、TRPGとの出会いは色々書いて来たけど、近ごろ私の事を知って、「TRPG落語というのをやってる人らしいんだけど、そもそもTRPGって何?」という方もいらっしゃると思うので、TRPGについてザックリ説明してみたいと思います。
IMG_8407
『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のマスタースクリーンとルールブック(ベーシック・ルール)。

TRPGというのは、「テーブルトークロールプレイングゲーム(Tabletalk role-playing game」の略です。テーブルトークRPGというのは和製英語で、英語では「Tabletop role-playing game」と呼ばれている様です。

ロールプレイングゲームというと、『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどのコンピュータRPGが有名ですが、コンピュータRPGの元となった遊びがTRPG(というか、むしろ元々はRPGといえばTRPGの事だったのが、コンピュータRPGとの区別する為にTRPGという呼称が生まれました)です。

TRPGは通常、ゲームの進行役(ゲームによってダンジョンマスターだったり、ゲームマスターだったり、キーパーだったりと呼び名が変わります)と複数のプレイヤーに分かれて遊びます。
「ロール(役割)をプレイ(演じる)ゲーム」という訳で、プレイヤーは自分のキャラクターを受け持ちます。
ゲームの世界観によって、キャラクターは剣と魔法の世界を旅する冒険者だったり、星から星へと宇宙船で移動する旅人だったり、人智を超えた存在が潜む秘密の館を調べる探索者だったりします。
進行役はプレイヤーたちにキャラクターのおかれた状況を説明し、プレイヤーたちはキャラクターの設定に合った行動を宣言する事でゲームが進行します。もちろん、行動を宣言するだけではゲームになりませんので、キャラクター固有の能力値とサイコロなどで行動の成否を決めます。
進行役は例えばキャラクターと対決する魔物の攻撃や回避の成否や、キャラクターたちが罠に掛かったかどうかなどの判定を行います。

進行役はシナリオと呼ばれる冒険の概略を基に、プレイヤーたちに状況を伝える事でゲームは進行していきますが、当然、プレイヤーの選択如何によってはシナリオには書かれていない行動を取る事もあります。そういった場合はアドリブで対処したりします。

私は小学校高学年の頃、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(新和)というゲームからTRPGを遊ぶ様になりました。
以来、『ファイティング・ファンタジー』(創元推理文庫)、『トンネルズ&トロールズ』(社会思想社)、『ルーンクエスト』、『指輪物語ロールプレイング』、『ワースブレイド』(共にホビージャパン)、『ソード・ワールドRPG』(富士見書房)、『ロードス島戦記コンパニオン』(角川書店)、『ウィザードリィ ロールプレイングゲーム』(アスキー)、『シャドウラン 4th Edition』(新紀元社)といったTRPGを遊んで来ました。
現在は『ダンジョンズ&ドラゴンズ 第5版』(ホビージャパン)、『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー 第2版』(書苑新社)、『ゴブリンスレイヤーTRPG』(ソフトバンク・クリエイティブ)を主に遊んでおります。

TRPGも落語も言葉だけで様々な物事を表現するので、親和性が高いと思い、TRPG落語というものを昨年からやり始めました。

私が遊び始めた頃は、実際に遊ぶ人たちが集まって遊ぶものでしたが、最近ではインターネット上でテキストチャットやボイスチャットを使ったオンライン・セッションも盛んで、従来の遊び方をオフライン・セッションと呼ぶ様になったのも、時代の流れを感じます。

ゲームを遊んでいる様子を文章化したリプレイという読み物がありますが、最近では動画でリプレイやプレイ風景を配信する様にもなっており、これまた今どきだなあと感じております。

いまだにオフライン・セッション専門ですが、オフライン・セッションにもリプレイ動画にも興味があります。

昨日はEiN PROSiT!!さんの大塚移転オープニングイベントでした!

株式会社アークライトの福本社長より御紹介頂き、大塚に移転されたEiN PROSiT!!さんのオープニングイベントでTRPG落語をやらせて戴きました!
IMG_7725
入り口。
イベントスペースとして貸出しされております。
ライヴ、ゲームイベント、結婚式の二次会などにピッタリ!

IMG_7745
昨日はTRPG落語『インスマウス長屋』と『インタラクティヴ死神』を掛けました。

その後、プロモデラー・MAX渡辺さんが塗装されたボードゲーム『クトゥルフ・ウォーズ』と私がゲームマスターを務める『ソード・ワールドRPG』の卓が立ちました。
MAX渡辺さんといえば、ガンプラファン憧れのプロモデラー!一緒に写真撮って貰えば良かった…!

クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-09-23


IMG_7744
『ソード・ワールドRPG』はオーソドックスなゴブリン退治のシナリオ。
村を襲ったゴブリンを退治する為にダンジョンに潜るハック&スラッシュ。
私のダイスの出目が良過ぎて、あわやパーティ全滅!?となり掛けたけど、辛くも死者を出す事無く、無事生還出来ました。
ゴブリンって駆け出し冒険者とほぼ互角くらいの敵なんだなあと思い知ったセッションでした。
一緒に遊んで下さったプレイヤーの皆様、拙いマスタリングですみませんでした…。

お越し下さいましたお客様方、EiN PROSiT!!の國本社長、アークライトの福本社長、刈谷さん、野澤さん、小野さん、各関係者の皆様、本当にありがとうございましたっ!



EiN PROSiT!!
einprosit2019@gmail.com

『ソード・ワールド2.5』!

株式会社KADOKAWA様より『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』を御恵贈に預かりました。
北沢慶先生、グループSNEの皆様方、株式会社KADOKAWA様、この度はご出版、誠におめでとうございます!

IMG_5974
今年は『ソード・ワールド』30周年!『2.0』からも10年経ったという事で、時の流れを感じます。

以前、『D&D』でもやったのですが、新旧のシステムを並べてみました。
IMG_5973
左側から『ソード・ワールドRPG』、『ソード・ワールド2.0』、そして『ソード・ワールド2.5』。
IMG_5972
こうして見ると、『2.5』の分厚さが分かりますね!
IMG_5975
重ねてみた。やはり、『2.5』は分厚い。

FullSizeRender
並べてみた。歴史を感じる。

IMG_5977
文庫の背表紙。

今回の『2.5』では新たな種族「リカント」という獣人が増えたり、「フェロー」というキャラクター簡略システムが追加されたりしていて面白いです。
特に注目しているのが「フェロー」システム。
キャラクターを簡略化する事により、例えばソロシナリオを遊んだり、GMとプレイヤーがマンツーマンで遊ぶ時にキャラクター操作の面倒な手間が省けたり、プレイヤーが揃わなくてもキャンペーンが進められたり、SNS上にアップしたフェローを使って貰うなど、かなり現代的なシステムなので、私自身、フェローをアップしていきたいと思っております。

また、冒険する大陸が変わった事で出現するモンスターや神様も変わっているので面白いです。
ちなみに『2.0』とは互換性があるので、従来のサプリメントなども使えます。

後日、プレイした様子をアップします!

キャラクター・シートはこちらからダウンロード出来ます。

昨日は初のTable Game Fun Festa(TGFF2018)でしたっ!

昨日は、大阪の京セラドームにて行われたグループSNE北沢慶先生主催のテーブルゲームのコンベンション『Table Game Fun Festa(TGFF)2018』にて、『ソード・ワールドRPG』のゲームマスターをして参りました!
IMG_5959
今年はソード・ワールド30周年という事で、一番最初に出た文庫版のゲームマスターをして参りました。
IMG_5978
新旧のソード・ワールドを並べてみました!
左上『ソード・ワールドRPG』(平成元年4月10日 初版発行)
左下『ソード・ワールドRPGベーシック』(平成16年4月25日 初版発行)
中央『ソード・ワールドRPG完全版』(平成8年12月25日 初版発行)
右上『ソード・ワールド2.0 ルールブックⅠ』(平成20年4月25日 初版発行)
右下『ソード・ワールド2.0 ルールブックⅠ 改訂版』(平成24年7月25日 改訂初版発行)

…こうして並べてみると、歴史を感じますな。
今月20日には『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』が発売されるので、今後の展開も楽しみですね!
今回のコンベンションでは、オリジナルのシナリオでプレイして戴きました。
IMG_5963
行きの新幹線の中で、最終調整。

IMG_5967
自作のシナリオ。今回はダンジョンハックがメイン。
IMG_5969
モンスターレベル6の強敵・ミノタウロスがラスボス。

プレイに参加して下さいましたプレイヤーの皆様方、ご挨拶をさせて戴きました皆様方、お声がけくださいました北沢慶先生、スタッフの皆様方、御来場のお客様方、本当にありがとうございましたっ!



ソード・ワールドRPG 完全版
清松 みゆき
富士見書房
1996-12









僕の好きなTRPGの話。(ソード・ワールドRPG)

中学1年の春、母方の祖父母の家の近所の本屋さんの本棚で見つけた一冊の文庫本。

これが、僕と『ソード・ワールドRPG(SW)』(富士見書房)との出会いだった。

それまでのTRPGはボックスタイプと呼ばれる高額なシステムが多かった。もちろん、『トンネルズ&トロールズ』(教養文庫)の様な文庫タイプもあったが、少数だった。また、海外のTRPGを翻訳したものばかりだった中に、国産かつ文庫という取っ付きやすさのあるTRPGが登場した。
それがSWだった。
image

しかも背景世界のフォーセリアは、先行して人気を博していた『ロードス島戦記』(角川文庫)をも含む世界で、ロードス島の読者にとっては非常に身近だった事もあり、瞬く間にSWはその勢力を伸ばしていった。
image

追加ルールや背景世界の設定などは『ドラゴンマガジン』(富士見書房)でも連載されていたが、シナリオ集やリプレイにも掲載されており、手に入れやすさは群を抜いていた。
一方でやや枝葉が広がり過ぎた事もあり、全てをフォローするのが大変なシステムにもなっていった。
image

基本システムではレベル5までの冒険をカバーしていたが、基本システム発売の翌年の夏には最高レベルである10までをカバーする『ソード・ワールドRPG 上級ルール』(富士見書房)が登場。
後年、繁雑になり過ぎたルールをまとめた『ソード・ワールドRPG 完全版』(富士見書房)が出たり、更なる追加ルールを収めた『ソード・ワールド・サポート』(新紀元社)、フォーセリア最大の大陸であるアレクラストの国々にスポットを当てたワールドガイド『ソード・ワールドRPGツアー』(新紀元社)なども発売された。
image

image


プレイヤーは平均的な能力の「人間」、器用度、敏捷度、知力は高いが、筋力が低くプリースト技能が取得出来ない「エルフ」、筋力、生命力、精神力が高いが、敏捷度が低くソーサラー技能、シャーマン技能が取得出来ない「ドワーフ」、平均的な能力値は高めだが、上限が人間に比べて低い「ハーフエルフ」、器用度、敏捷度、精神力が高いが筋力が著しく低く、ルーン・マスター技能(プリースト技能、ソーサラー技能、シャーマン技能)が取得出来ない「グラスランナー」の5つの種族の中から任意のものを選び、それぞれの種族に準じた決め方で器用度、敏捷度、知力、筋力、生命力、精神力の6つの能力値を決めていく。
技能を経験点を消費して取得する「スキル制」のRPGなので、プレイヤー好みのキャラクターを作れる。技能は武器戦闘に必要な「ファイター技能」、迷宮の探索に役立つ「シーフ技能」、回復や援護系の神聖魔法を使える様になる「プリースト技能」、攻撃や援護、探索に役立つ古代語魔法を使える様になる「ソーサラー技能」、精霊魔法を使える様になる「シャーマン技能」、主に屋外での探索に役立つ「レンジャー技能」、初見のモンスターやアイテムなどを鑑定出来る「セージ技能」、呪歌という特殊な歌を唄える様になる「バード技能」といった「冒険者技能」の他、クラフトマン技能やセイラー技能といった「一般技能」も存在する(冒険者技能は経験点を消費する事で取得出来るのだが、一般技能に関しては高レベルの一般技能を持った師匠の元で修行しないと取得出来ない。この辺りはマスターの裁量によるところが大きい)。

技能によっては装備に制限がある(例えば「シャーマン技能」を使うには、片手が空いていて、金属製の鎧を装備してはいけない、等)ので、全部の技能を満遍なく取るというよりは、自分のキャラクターの能力値に合った、他のプレイヤーの取得していない技能を優先的に取得すると有利になる。

行為判定は基本的に能力値を6で割った「能力値ボーナス」+「技能レベル」を基準値とし、六面体ダイスを2つ振って基準値に足したものが目標値以上に達すれば成功する「上方ロール」となっている(技能を有していない場合は能力値ボーナスすら使えず基準値が0になる為、例えばファイター技能やシーフ技能を持っていないキャラクターは近接戦闘に参加するべきでは無い)。
また、技能の有無に関わらずダイスを振った際にピンゾロ(1のゾロ目)だった場合は有無を言わせず絶対失敗、6ゾロだった場合は絶対成功となる。

武器や攻撃魔法がどれだけのダメージを与えたのか、また鎧がどれだけのダメージを軽減したのかは「レーティング表」によって導き出すので、六面体ダイス2つだけで遊んでいるとは思えないほどの乱数の幅がある。

ルールを覚えるまでは難しく感じるかも知れないが、一度覚えてしまえばいちいちルールブックを開かずとも行為判定が出来る様になるくらい簡単なルールなので、非常に遊びやすいゲームである。

あまりに好き過ぎて、中学の図書室に蔵書のリクエストをして入れて貰った。
放課後の教室で仲間数人とよく遊んだ。またやりたい。
記事検索