三遊亭楽天のブログ

五代目圓楽一門会所属の二ツ目、六代目三遊亭円楽六番弟子・三遊亭楽天のブログです。 落語会などの出演情報や趣味の事、日常の事などを適当に呟いて参ります。 宜しくお願い申し上げます。

映画

キョンシーのはなし。

小学生の頃、キョンシーブームだった。

5年生の時に『霊幻道士(原題:殭屍先生)』が劇場公開され、腕を前に突き出して廊下をピョンピョン飛び跳ねたり、額に紙を貼り付けるのが一時期流行った。

中国の伝説によると、死体を埋葬する前に屋内に安置しておくと、死体が動き回ったりして人を驚かす事があるという。これが殭屍(僵尸)という妖怪で、「僵」とは死後硬直の事。「尸」は屍の事なので、僵尸とは硬直した死体といった意味である。
映画のキョンシーが腕を前に突き出してピョンピョン飛び跳ねたり、身体が硬いという設定はここから来ているのだろう。

先日、『らくゲー』にて株式会社ホビーベース イエローサブマリン様より御恵贈戴いたボードゲーム『キョンシー 日本語版』に夫婦でハマったので、映画を観直してみようという事になり、Amazonプライム・ビデオで『霊幻道士』、『霊幻道士2 キョンシーの息子たち!』、『霊幻道士3 キョンシーの七不思議』、『霊幻道士完結編 最後の霊戦』、『殭屍 -RIGOR MORTIS-』(2013)をかみさんと二人で観た。
何せ30年くらい前に観た映画なので、かなり記憶が曖昧だったのだが、『霊幻道士』、『霊幻道士3』辺りは確かに見覚えがあった。
そして、『殭屍 -RIGOR MORTIS-』は、『霊幻道士』シリーズのオマージュというかリブートというか、暗い作風の映画だった。

チン・シュウホウやアンソニー・チェン、リチャード・ン、チュン・ファト、ビリー・ロウといった『霊幻道士』シリーズに出演していた俳優たちが出て来るのだが、とにかく暗い!その暗さが堪まらなくツボにハマった。
ちなみに「RIGOR MORTIS」も死後硬直という意味。
ネタバレになるとマズいので、ストーリーについては割愛するが、とにかく切ない。
『霊幻道士』シリーズが好きな人には是非観て戴きたい(けど、ガチホラーなので、怖いのが苦手な人にはあまりお薦めしません。ガチホラーのキョンシーが観てみたいぜ!という方にはマジお薦め!)。

映画を観てからボードゲームを遊んでみると、更に楽しさ倍増!
IMG_4894

キョンシー 日本語版
ホビーベース(HOBBY BASE)
2017-12-06


キョンシー(字幕版)
チン・シュウホウ
2015-02-04

『スター・ウォーズ 〜最後のジェダイ〜』を観てきました。

妻と二人で『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』を観てきました。

IMAXの2Dの字幕スーパー版でした。
さすがIMAX、音がいい!
image

いやはや、良かった!長かったけど!
もう観終わった直後はトイレに直行だったけど!
映画2〜3本分くらいの内容で、これを一本の映画として観せてしまうとは、太っ腹ですな!

細かい内容については当然ネタバレになってしまうので触れられないけど、前作が旧作のファンへのサービスだとしたら、今作はいい意味でこちらの予想を見事に裏切ってくれた映画でした。

とにかく、観る前にトイレを済ませ、飲み物は買わずに劇場へ観に行って下さい!

シン・ゴジラ地上波初放送を観て。

劇場でも観たけど、やっぱり家でも観たい!と思って、『シン・ゴジラ』の地上波の放送を観ました。
いやはや、twitterでの実況を見ながらのシン・ゴジラ、非常に楽しめました。

でも、やっぱり東京が焦土と化すシーンは絶望感が半端無くて辛い。

DVDも欲しいなあ。
何回観ても面白い映画の一つ。

『ローグ・ワン』を観て来ました。

先日、かみさんと二人で『ROGUE ONE / A STAR WARS STORY』を観て来ました。
image

『スター・ウォーズ Ep4 新たなる希望』の直前を描いた作品という事で、話の結末はわかってるけど面白いという、新三部作(Ep1〜3)の様な感覚もありつつ、詳細を書いてしまうとネタバレになってしまうので書けませんが、やっぱりデス・スターがメインの話というスター・ウォーズのお約束も踏まえつつ、Ep7の様な「旧作を踏襲した流れ」では無いストーリーでした。
むしろ、スター・ウォーズシリーズの中で最高傑作と言っても過言では無いかも。

あんなキャラやこんなキャラも登場するので、従来の作品が好きな人も十二分に楽しめます!

シン・ゴジラを観ました。

先日、妻と二人で『シン・ゴジラ』を観て参りました。
タイトルが『シン・ゴジラ』に決まった時、正直言って「観に行きたくないな」と思いましたが、公開後に観に行った人たちの反応がいいので、「観に行きたい!」と思うようになりました。

ガキの時分に1984年度版の『ゴジラ』を劇場で観て、子供心に「…何だよ、スーパーXって…」とガッカリした覚えがあるので、それ以来、ゴジラ映画は劇場では観ずにソフト化してからたまに観る程度でした(1998年のエメリッヒ版の『GODZILLA』は観に行きましたが、違う意味でガッカリでした)。
しかし、『シン・ゴジラ』は今までの日本の特撮映画に対するネガティヴ・イメージをあっさりと覆す快作でした。
まず、ポリティカル・ドラマとしての出来が素晴らしくいい!
基本的に出てくる登場人物がほぼ政治家で、有事の際にどう対処するかが主眼に置かれていたのが良かったと思います。
そして、ゴジラの造形が怖いのがいい。やはりゴジラは恐怖の対象でなければいけません。あの死んだ魚の様な目がヤバいし、「もう、どうすりゃいいんだよ、この状況」と絶望するほど、ゴジラが強い。正に破壊の権化です。
随所に出てくる庵野監督の遊び心(『エヴァンゲリオン』のネルフの作戦時の音楽や他の特撮映画からの引用、ゴジラの退治方法など、思わず「ニヤリ」としてしまいました)も面白かったし、「えー、今更『ゴジラ』かよ」と食わず嫌いをしている人ほど、観に行って戴きたい映画でした。

もっとも、妻は「役者さんが演技してなくてつまらなかった」と評しておりましたが、僕はあのくらいサラッとしてて良かったと思いました。

で、これは2008年の『クローバー・フィールド / HAKAISHA』と対になっている映画だなあ、とも思いました。
もし、現実世界に怪獣が現れた際の政府の対応は『シン・ゴジラ』が、怪獣の足下での出来事は『クローバー・フィールド』がそれぞれ描いているなあ、と。

もう一度、観に行きたいなあ。 
記事検索